トピックス

井原の新市議18人決まる 投票率は過去最低55・61%

2021/4/18 23:10

 井原市議選は18日投開票され、新市議18人が決まった。内訳は現職15人、新人3人。党派別では公明党1人、共産党1人、無所属16人。女性は1人だった。投票率は55・61%。2017年の前回の59・19%を3・58ポイント下回り、過去最低を更新した。

 市議会が昨秋に定数2減を可決してから初めての選挙。現職2人が引退を表明し、現職17人、新人3人の計20人が立候補した。候補者数は前回より1人少なく過去最少となった。

 新型コロナウイルスの影響で外出を控える有権者が多い中、投票率低下を見越し、地盤の地区で支持固めをする陣営が目立った。屋内の有権者に向けた街頭演説に力を入れる候補者もいた。人口減少対策や地域経済、教育、福祉の向上を争点に論戦を展開した。

 当日有権者数は3万3361人。(高木潤)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧