地域ニュース

バラの妖精、デニムでイメチェン 福山のゆるキャラ「ローラ」、市役所で採寸

2021/4/19 20:33
ローラ(中)に生地のサンプルを当て、イメージを膨らませる篠原さん(左)たち

ローラ(中)に生地のサンプルを当て、イメージを膨らませる篠原さん(左)たち

 福山市のキャラクター「ローラ」が、地元特産のデニムをはくことになった。同市の福山シティフットボールクラブ(FC)のマスコットとして「レンタル移籍」している縁で、選手の公式ウエアとおそろいのジーンズが贈られる。市役所で19日、採寸した。

 福山シティFCに公式のジーンズを提供している篠原テキスタイル(駅家町)と弘文(芦田町)が、生地作りと縫製を担う。両社の社員たちがローラの足や腰のサイズを巻き尺で計測。生地のサンプルを体に当てて、出来上がりのイメージを膨らませた。

 ローラは2025年末まで同FCのマスコットを務める。デニムは夏ごろに仕上げる予定で、試合やイベントでユニホームとともに身につける。

 ジーンズ作りを発案した篠原テキスタイルの篠原由起さん(38)は「遠征先でも福山のデニムをPRしてもらいたい。ローラに似合うかわいい1着にする」と話している。(村上和生)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧