地域ニュース

「奇人と変人」高級食パン店、早速100人行列 徳山駅前にひげ面巨大看板

2021/4/20 16:57
徳山駅前にオープンした食パン専門店をアピールする川端社長(左)と岸本氏

徳山駅前にオープンした食パン専門店をアピールする川端社長(左)と岸本氏

 周南市のJR徳山駅前で20日、ひげ面2人の巨大な看板を掲げた高級食パン専門店「奇人と変人」がオープンした。全国で奇抜なパン店を企画する岸本拓也氏が手掛け、山口県内初出店。初日は100人以上の行列ができた。

 30平方メートル余りの店内で1日約250本の食パンを焼く。塩にこだわったプレーン(890円)と、ビターチョコレートを練り込んだチョコ味(1080円)の2種類を2斤単位で売る。開店2時間前から並んだ市内の女性(64)は「食パンが大好きなので早く食べたかった」と話した。

 古民家レストランなどを展開する川端康正社長が福岡県行橋市で2019年に開いた店に続く2号店。昨年4月に周南市内の病院経営者から医療従事者を励ますため大量の注文を受けた縁で出店を決めた。川端社長は「パンで街を元気にしたい」。岸本氏は「コロナ禍でのおうち時間を幸せにするパンを届けたい」とアピールしていた。(川上裕)

【関連記事】

高級食パン、アレンジで味わう 家で楽しむ「プチぜいたく」【動画】

【動画】高級食パンアレンジ カレーチーズフォンデュ


この記事の写真

  • 開店時には100人以上が行列を作った
  • 商品を受け取る客
  • 食パンを製造する店内
  • 焼きたてのプレーンの食パン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧