地域ニュース

希少チョウ「ヒョウモンモドキ」保護、生徒児童も力に 広島県世羅・三原のみ生息、絵本づくりや幼虫飼育

2021/4/20 21:22
絵本などの出来栄えを確かめる世羅高の美術部員(前列)たち

絵本などの出来栄えを確かめる世羅高の美術部員(前列)たち

 国内では広島県世羅町と三原市のみ生息するとされる絶滅危惧種のチョウ「ヒョウモンモドキ」の住民の保護活動が、両市町の生徒や児童にも広がっている。同町の世羅高美術部は、チョウの成長などを紹介する絵本づくりに協力。両市町の小中高5校は、幼虫の飼育に取り組んでいる。

【動画】絶滅危惧種ヒョウモンモドキ 羽化の様子

▽世羅高生が愛らしいタッチで描く
(ここまで 169文字/記事全文 814文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • ヒョウモンモドキの幼虫を観察する久井小の児童
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧