地域ニュース

避難経路ウェブで表示 島根県、原発事故に備え公開

2021/4/22 12:42
ウェブで公開を始めた避難ルートマップの説明をする島根県の担当者

ウェブで公開を始めた避難ルートマップの説明をする島根県の担当者

 島根県は、中国電力島根原発(松江市鹿島町)で事故が起きた際の県民の避難ルートを地図上で確認できるウェブサイトをつくり、21日に公開を始めた。県の広域避難計画で、原発30キロ圏の4市の地域ごとに定めた避難先や経路を視覚的に伝える。
(ここまで 115文字/記事全文 481文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧

  • 島根町火災1カ月、火元特定は長期化の見通し (4/30)

     松江市島根町加賀の民家など32棟を焼いた大規模火災の発生から、5月1日で1カ月となる。焼失面積が広く、出火元と原因の特定は長期化が見込まれる。被災した19世帯52人は市営住宅や親戚宅などに身を寄せて...

  • 避難経路ウェブで表示 島根県、原発事故に備え公開 (4/22)

     島根県は、中国電力島根原発(松江市鹿島町)で事故が起きた際の県民の避難ルートを地図上で確認できるウェブサイトをつくり、21日に公開を始めた。県の広域避難計画で、原発30キロ圏の4市の地域ごとに定めた...

  • 空調設備など災害時復旧協定 広島県海田町と平成電工 (4/17)

     広島県海田町と電気工事などの平成電工(同町)は、災害発生時の町施設などの空調設備や電気設備などの復旧に関する協定を結んだ。町が工事などの支援を依頼するほか、同社は被災状況などを町に知らせる。

  • 岡山・里庄の企業に紺綬褒章 豪雨後寄付、笠岡市役所で伝達式 (4/16)

     岡山県里庄町の半導体洗浄装置製造会社ジェイ・イー・ティが紺綬褒章を受章し、14日、笠岡市役所で伝達式があった。企業版ふるさと納税制度で同市へ減災対策費としてこれまでに計1千万円を寄付してきた点が評価...

  • 仮設住宅調達で協定 三次市と三協フロンテア (4/15)

     三次市は、災害時に仮設の住宅やトイレの提供を受ける協定をユニットハウス製造の三協フロンテア(千葉県柏市)と結んだ。優先的に調達でき、迅速な被災者の支援につなげる。