トピックス

山口上空で空自戦闘機同士が接触 ランプ落下、けが人なし

2021/4/22 23:43

航空自衛隊のF2戦闘機

 22日午後3時5分ごろ、山口県の花尾山上空で、福岡県の築城基地所属のF2戦闘機2機が接触した。うち1機の垂直尾翼のランプ(約400グラム)などの部品が落下した。2機は約1時間後、自力で基地に戻り、パイロットら搭乗していた計3人にけがはなかった。部品の落下場所は山林とみられ、けが人の情報はない。

 航空自衛隊によると、2人が乗っていた1機の垂直尾翼に、もう1機の機首の部分が接触したという。空自は、操縦ミスの可能性があるとみて詳しい状況を調べている。

 2機は午後3時ごろに築城基地を出発。山口県沖の訓練空域に向けて、編隊を組んで飛行中だった。


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧