トピックス

山陽道で玉突き事故 男性1人死亡

2021/4/23 13:08

大型トラックなど3台が絡んだ山陽自動車道の事故現場=午前3時10分、東広島市(広島県警提供)

 23日午前2時5分ごろ、東広島市八本松町飯田の山陽自動車道下り線の西条インターチェンジ(IC)―志和IC間で、大型トラックなど3台が絡む玉突き事故があった。最後方の大型トラックを運転していた大分県国東市安岐町の男性(53)が死亡した。

 広島県警高速道警察隊によると、3台はいずれも走行車線を走行。男性のトラックと、前を走っていた大型トラック、その前方のレッカー車が衝突した。間の大型トラックを運転していた岡山市北区の男性(27)も軽いけがを負った。現場は片側2車線のほぼ直線。レッカー車は無人のトラックをけん引中で40〜50キロの速度だったという。

 事故の現場検証などのため、同区間は同日午前2時20分ごろから約5時間15分、通行止めになり、渋滞が起きた。


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧