トピックス

福山駅南口にもPCR検査ブース 5月16日まで、予約不要

2021/4/23 21:22

来場者(手前左)に検査の方法を説明するスタッフ

 新型コロナウイルスの感染者を早期に確認するための広島県のPCR検査拡充を受け、福山市のJR福山駅南口でも23日、検査ができる臨時ブースが設けられた。5月16日まで、予約不要で無料利用できる。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 対象は、市内在住か市内で働く新型コロナの症状がない人。ブースは午前7時〜午後7時に開き、唾液を入れる容器やストローを受け取り、提出できる。陽性の場合は検査翌日に県から電話で連絡が入る。

 この日は、スタッフが駅近くで周知するチラシを配り、オープンから3時間ほどで140人余りが検査キットを受け取った。同市瀬戸町のパート福田正直さん(63)は「知人にも陽性者が出ているので不安がある。場所も利用しやすく便利」と話していた。

 県は、1日220人ほどの利用を見込む。県新型コロナウイルス感染症対策担当の妹尾克佳主査は「通勤や通学する人が通るポイントで、積極的に利用してもらい感染防止につなげたい」とする。(川村正治)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧