地域ニュース

ため池保全へ山口県が拠点 老朽化や高齢化に対応、豪雨決壊防止策を助言

2021/4/24 13:58
ため池を点検する県の職員(2020年5月、防府市)

ため池を点検する県の職員(2020年5月、防府市)

 山口県は全国で5番目に多い農業用ため池の保全や管理を支援する「ため池サポートセンターやまぐち」を開設した。ため池は老朽化や利用者の高齢化で、どう維持管理していくかが課題になっている。専門の技術者が指導し、近年多発する豪雨による決壊を防ぐ。
(ここまで 120文字/記事全文 659文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧