トピックス

島根県5人感染、うち2人変異株 24日新型コロナ

2021/4/24 18:57

島根県庁

 島根県と松江市は24日、新たに5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。松江、出雲市在住が各2人、浜田市在住が1人という。このうち松江市の2人は変異株の感染だった。また県は、広島県が実施した検査で浜田市在住の50代の感染が確認されたと発表した。

 県感染症対策室によると、出雲市の2人は、30代男性とその同居人。男性は、22日に松江市が発表した出雲市在住者の濃厚接触者で検査を実施し陽性が判明した。男性は無症状で、もう1人は軽症。県は今後、変異株の感染の有無を調べるという。

 浜田市在住者は、21日に38度台の発熱や喉の痛みがあり、22日に医療機関で「抗原検査」を実施して陽性が判明。23日のPCR検査でも陽性が分かった。現時点で、これまでの感染者との関連はないという。5日以降、県外との往来があったという。軽症。

 広島県で感染が確認された浜田市在住の50代は、広島県内での感染者と接触があり、5日以降、複数回県外との往来もあったという。無症状で、島根県内の医療機関に入院した。

 松江市で感染が判明した2人は同居人という。いずれも22日に発表した市内在住の感染者の濃厚接触者。2人とも検査の結果、変異株への感染が分かった。37度台の発熱などがあるが、いずれも軽症という。

 県内での感染確認は5日連続で、広島県が発表した浜田市在住者を含めて計33人となった。県は「県内でも第4波に入った」との認識を示しており、感染予防対策の徹底を呼び掛けている。(高橋良輔)

【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

島根県「第4波に入った」 22日の新型コロナ、2日連続で2桁感染

島根県で12人感染、21日の新型コロナ 隠岐諸島で初の感染確認


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧