地域ニュース

相撲字、見合って 広島・熊野筆の里工房で展示

2021/4/25 8:00
筆で書かれた番付表の「相撲字」に見入る来場者

筆で書かれた番付表の「相撲字」に見入る来場者

 大相撲と筆の関わりを紹介する「大相撲展」(筆の里振興事業団、中国新聞社主催)が24日、広島県熊野町の筆の里工房で始まった。江戸時代に生まれた「相撲字」や相撲の歴史を伝える資料170点を並べている。6月27日まで。
(ここまで 107文字/記事全文 324文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧