• トップ >
  • トピックス >
  • 山口県で40人感染 下松市、下関市クラスター計3件発生 27日新型コロナ

トピックス

山口県で40人感染 下松市、下関市クラスター計3件発生 27日新型コロナ

2021/4/27 21:05

山口県庁

 山口県で27日、新たに10〜80代の40人の新型コロナウイルス感染が確認された。下関市21人、下松市6人、岩国市4人、山口市3人、宇部市2人、光、周南、防府、山陽小野田の4市が各1人。クラスター(感染者集団)が下松市で1件、下関市で2件発生した。

【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 下松のクラスターの起点となった下松工高では新たに生徒1人と教職員1人、この教職員の家族2人の感染が判明した。同校ではこれまでに生徒4人が感染しており、一連の感染者は計8人となった。県教委は同校を30日まで、感染した教職員の家族が勤める徳山高と、別の家族の通学先に関連する岩国市内の県立中高各1校を28日まで休校する。

 下関市は1日当たりの感染発表が最多となった。市内の事業所と大学のサークルで、それぞれ計6人のクラスターを認定した。県内のクラスターは26件となった。

 このほか、岩国市の30代会社員男性は大竹市に通勤している。岩国市の20、40代男女3人は先に感染が分かった会社員男性の同僚。下松市の30代アルバイト男性は、勤務先の飲食店ですでに3人が感染している。県内の入院患者数は198人で、病床使用率は4割を超えた。(中川晃平) 

【関連記事】

新型コロナ感染経路「医療機関」が最多 山口県まとめ、県外由来は「旅行」「出張」4割

山口県で6人感染 山口市の学校でクラスター、26日の新型コロナ

山口県で22人感染、25日の新型コロナ 下関13人、周南2人など

山口県で23人感染、下関の施設で新たなクラスター 24日新型コロナ



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧