• トップ >
  • トピックス >
  • 島根で1週間の入院者数41人と過去最多 新型コロナ、県は即応病床増の構え

トピックス

島根で1週間の入院者数41人と過去最多 新型コロナ、県は即応病床増の構え

2021/4/27 21:30

 島根県内での新型コロナウイルスの感染確認が、この1週間で40人に上り、27日午前までに過去最多となる41人が県内の医療機関に入院している。県は無症状の患者も入院させる態勢を続けており、すぐに入院できる「即応病床」133床の3割を超えた。今後、感染拡大の状況に応じて随時、病床を増やしていく。

【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 県感染症対策室によると、コロナ患者向けに確保した病床は計253床で、状況に応じて即応病床に移行するという。県は、県内でも「第4波」が到来したとみており、連休前までに約160床を即応病床にする見込み。

 現時点で、重症者はいないという。余裕があるうちは、十分な医療を提供するため、全員病院に入院してもらう方針をとる。さらに感染拡大が続き、病床が逼迫(ひっぱく)した場合は、高齢者や基礎疾患がある人を除く無症状者は、県が別に確保した計98室ある宿泊療養施設を活用する。

 県内では、27日まで8日連続で感染者が発表され、変異株の感染も相次ぐ。同室は「病床が逼迫しないよう、臨機応変に調整していく。感染拡大を抑える積極的な疫学調査も進めていく」としている。27日現在、県内の感染確認は計338人と全国の都道府県で最も少なく、唯一、死者0人を維持している。(高橋良輔) 

【関連記事】

島根県大田市で5月開催の全国植樹祭 天皇皇后両陛下、会場に来られず

島根県で3人感染、26日の新型コロナ 7日連続で確認

島根県で3人感染、6日連続の確認 25日の新型コロナ

島根県5人感染、うち2人変異株 24日新型コロナ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧