地域ニュース

ホンシャクナゲ群生地のクロボヤ峡を3年ぶり開放 豪雨で被災、東広島市福富町の住民が復旧

2021/4/28 14:00
現地で遊歩道の状況などを確認する角会長(右)と西丸副会長

現地で遊歩道の状況などを確認する角会長(右)と西丸副会長

 東広島市福富町の町観光協会は5月2日から、同町上竹仁にあるホンシャクナゲの群生地クロボヤ峡を、3年ぶりに一般開放する。広島県天然記念物に指定されている湿地。西日本豪雨による被災などで閉鎖が続いていたが、住民たちによる復旧作業が進んだ。
(ここまで 118文字/記事全文 563文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 豪雨被災前のクロボヤ峡で咲き始めたホンシャクナゲ(2018年5月)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧