地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ7連敗 三河に74―83

2021/4/28 23:03
【三河―広島】10得点を挙げ、3試合連続で2桁得点をマークしたマーフィー

【三河―広島】10得点を挙げ、3試合連続で2桁得点をマークしたマーフィー

 ▽Bリーグ1部(ウィングアリーナ刈谷、1010人)

三 河 83 20―22 74 広 島
30勝20敗  27―10   7勝45敗
      25―21      
      11―21

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は28日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷などで4試合があった。西地区10位の広島は、同3位の三河に74―83で敗れ、7連敗。7勝45敗となった。

 広島は第1クオーター、速攻で効果的に得点し、22―20とリードした。しかし、第2クオーターは攻撃が組み立てられず、わずか10得点で32―47で終えた。後半は相手の得点源を抑えることができず、失点がかさんだ。この試合でケネディとエチェニケが17得点ずつ奪ったが、届かなかった。(矢野匡洋)

 ▽マーフィーが3戦連続2桁得点

 マーフィーが3試合連続で2桁得点をマークした。「スランプに陥っている」とシーズン中盤は調子を落としていたが、この日は西地区3位の三河相手に10得点。来季につながる成長を見せている。

 個人能力の高い三河に対し、ドリブル突破で打開した。練習から「積極的にリングに向かうことでリズムがつかめる」と意識。ファウルを受けてのフリースローを4本全て決めた。前半から劣勢となった中でも、集中力を切らさなかった。

 残り試合は3試合。ホームでの試合で連敗を止めたい。尺野監督は「3試合でもステップアップできるようにしたい」と話した。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧