地域ニュース

美味な食材、湯来おいで 広島・佐伯、5月にかけ住民団体が直売所や食堂開く

2021/4/29 7:58
「湯来の元気な店」で来客を案内する梶田副会長(左から3人目)

「湯来の元気な店」で来客を案内する梶田副会長(左から3人目)

 広島市佐伯区湯来町で4、5月、まちづくりに取り組む三つの住民団体が、相次いで直売所や食堂を開く。各団体は、自然豊かな地域で生産される食材のおいしさを知ってもらうことで、地域を訪れたり、移り住んだりする人を増やそうとしている。
(ここまで 113文字/記事全文 690文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「よっちん菜」の開店準備をする下川代表
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧