トピックス

山口県33人感染、変異株の感染者1人死亡 29日新型コロナ

2021/4/30 0:03

山口県庁

 山口県で29日、新たに10歳未満〜80代の男女33人の新型コロナウイルス感染が確認された。周南市15人、下関市5人、岩国市4人、山口市と防府市各3人、下松市2人、田布施町1人。

 周南市の50代会社員男性は、これまでに同僚4人の感染を確認。県はクラスター(感染者集団)を視野に職場関係の約50人を検査する。同市では家族6人が感染するなど家庭内の感染も目立った。山口市の10代女子学生2人は同市の学校クラスター関連(計9人)。

 県はまた、入院していた90代男性が亡くなったと発表した。変異株の感染者の死亡は県内初。持病があったという。県内で死者が出るのは3月16日以来、1カ月半ぶりで44人目。新たに30人の変異株の感染も分かり、県内の変異株の感染者は208人となった。 

【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

コロナ病床40増520床に 山口県内、変異株感染者増に対応

山口県、公表済み感染者34人から変異株確認 新型コロナ

山口県で26人感染 防府の消防出張所は全員自宅待機 28日の新型コロナ

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<8>2021年3月・4月


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧