地域ニュース

【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<3>投票及び選挙運動の報酬の趣旨明らか

2021/5/1 2:27

キ 元石川県議供述について

元石川県議の供述は以下のとおりである。

「私は、参院選の選挙期間中、被告人の指示の下、案里の選挙事務所で、電話作戦と選挙はがきの取りまとめを行った。」「電話作戦は、選挙区内の有権者に電話をかけて投票を呼びかけるものであった。」「名簿は、5名連記を用いた。」「私は、被告人の指示で、ほぼ毎日、選挙事務所で、

被告人に対し電話作戦の成果を報告した。被告人は、電話作戦を実施するため新たな名簿を入手したり、電話スタッフが有権者に対して案里への投票を呼びかける内容を頻繁に変更したり、重点的に電話をかける地域を指示したりした。私は、被告人の指示で、投開票日も電話作戦を実施した。」

「選挙はがきは、選挙事務所が選挙期間中に郵送するものであり、案里への投票を呼びかけるものであった。」「案里の陣営では、5名連記に書かれている入会者にも選挙はがきを送ることとされ、私もその対応を担った。」「案里の陣営では、少なくとも5万数千枚の選挙はがきを発送した。」

「私は、被告人の指示で、ほぼ毎日、選挙事務所で、被告人に対し選挙はがきの発送状況を報告した。また、私は、選挙終盤には、被告人から、特定の団体等が作成した選挙はがきを重点的に発送するように指示を受け、その指示どおりに選別して発送した。」「私は、被告人以外には、電話作戦と選挙はがきの進捗状況等の毎日の報告をしておらず、案里にすらそのような報告をしなかった。」

元石川県議は、自己が実際に経験した事実を粛々と供述しているものと認められること、選挙事務所における被告人の立場や電話作戦に5名連記を用いたことなどについての供述は、他の選挙事務所のスタッフの供述及び証言ともよく整合していることなどから、その供述は十分信用できるものであり、供述のとおりの事実が認定できる。

ク番号11供述について

番号11の供述は以下のとおりである。

「私は、令和元年6月上旬、被告人の指示で選挙期間中の遊説日程や遊説地域等を記載した行程表の作成を行うようになり、以後は選挙事務所の遊説の取りまとめ担当となった。」「被告人は、遊説の行程表を確認させるように私に指示していたので、私は、被告人に行程表案を渡していた。私は、行程表案を渡した後、被告人から、行程表案に記載していた遊説日程や場所等についていろいろな助言をされることがあった。」「私は、同月16日に選挙事務所で行われた会議において、私が作成した選挙期間中の遊説日程や遊説地域等が記載された遊説の行程表を配布したところ、被告人及び案里が1日ごとに遊説の行程について意見を述べてきたので、被告人及び案里の意見を反映させた。」

「私は、選挙運動期間中、被告人からの指示で、案里のみならず、被告人にも、日々の行程表を毎日渡していた。」「私は、被告人から車上運動員が遊説中にアナウンスする言葉について指示を受けたことがあり、その際には、すぐに番号7にラインを送るなどして被告人の指示を伝え、車上運動員たちにも指示を周知していた。」

番号11は、自己が実際に経験した事実を粛々と供述しているものと認められること、選挙事務所における被告人の立場等についての供述は、他の選挙事務所のスタッフの供述及び証言ともよく整合していることなどからその供述は十分信用できるものであり、供述のとおりの事実が認定できる。

(4) 小括
(ここまで 1390文字/記事全文 7775文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧