地域ニュース

広島県、自粛一部解除へ 3段階に分け慎重に、6月1日が平常化目標 新型コロナ(2020年5月5日掲載)

2020/5/5 23:04

 広島県は5日午後、新型コロナウイルスの県対策本部の本部員会議を県庁で開き、政府による緊急事態宣言の31日までの延長を受けた対応をまとめた。休業要請や外出自粛の期間を政府の緊急事態宣言に合わせて31日まで延ばしつつ、感染状況を踏まえて11日から段階的に制限を緩めるとした。県民や事業者の「自粛疲れ」を懸念する一方、一気の解除は感染拡大を招く恐れがあるとみて、6月1日の「出口」へ慎重にステップを踏む。

 ■休業要請

 健康維持、教育のための必要性や感染リスクを踏まえて、3段階で店舗や施設への休業要請を解除する。

 「レベル3」は動物園、博物館、美術館などが解除対象。就業時に免許取得が欠かせないという声を踏まえて、自動車教習所を含めた。「レベル2」は学習塾や百貨店の食料品売り場以外などを追加。「レベル1」で、他県でクラスター(感染者集団)が発生したスポーツジムやパチンコ店も含めて全面解除する。

 要件として、濃厚接触や「3密」の回避といった対策を掲げる。映画館なら1席空けるなどで、詳細は業界団体と相談して詰める。

 一方、飲食店などの食事提供施設は営業時間を午前5時〜午後8時の間にするよう求めているが、レベル3で午後9時まで延ばす。レベル2で営業時間の制限をなくし、午後7時までとしている酒類の提供はレベル1で解除する。

 県は4月22日から5月6日までの休業要請に全面的に協力した事業者に協力金を出す。湯崎英彦知事は5日の記者会見で、要請の延長による増額は「現時点で想定していない」とした。

 ■外出や出勤

 4月13日に県民へ呼び掛けた全日の外出自粛は5月7日以後も続け、レベル2で週末に限定、レベル1で解除する。企業には出勤者を半減し、都道府県をまたぐ不要不急の出張などを慎むよう引き続き要請する。学校は県と市町の各教委がすでに31日までの休校を決めたが、一部登校などの取り組み方針をまとめる。

 ■レベル移行

 県は、レベル3になる時期として11日を示す。3から2への移行は20日ごろをめどに判断すると説明。新たな感染者数や感染経路が不明な感染者の割合、病院での患者受け入れ状況などを考慮する。分かりやすい指標を考えるよう、専門家に依頼したという。

 感染の状況が厳しく、病状に応じた医療提供が困難な状況を「レベル4」と位置付けた。湯崎知事は、現状はここまでには至っていないとの認識を示した。(山崎雄一) 


この記事の写真

  • 記者会見で、新型コロナの感染拡大を防ぐ対応を説明する湯崎知事=5日午後3時13分、広島県庁(撮影・安部慶彦)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧