• トップ >
  • トピックス >
  • 広島市の私立学校でクラスター35人感染、体育館の換気が一因か 1日は県内66人感染発表、新型コロナ

トピックス

広島市の私立学校でクラスター35人感染、体育館の換気が一因か 1日は県内66人感染発表、新型コロナ

2021/5/1 22:08

広島市役所

 広島県内で1日、新たに66人の新型コロナウイルス感染が発表された。広島市42人▽福山市6人▽三原市5人▽府中町3人▽三次市、東広島市各2人▽呉市、尾道市、廿日市市、江田島市、坂町、北広島町各1人。また、広島市内の私立学校と、酒類を提供する県内の飲食店で新たにクラスター(感染者集団)の発生が確認された。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市内の私立学校のクラスターは生徒32人と、20代と40代の教職員3人の計35人。二つのクラブが活動していた体育館の換気が不十分で、感染が広がったとみられる。4月28日までに複数の感染が分かり、関係する55人のPCR検査をした結果、合計で35人が感染していたことが分かった。全員が軽症か無症状という。

 クラスターが確認された飲食店ではPCR検査を受けた従業員9人のうち5人が陽性で、4人は陰性だった。ほかにも客を含む30人が検査対象になっているという。

 県が4月23日にクラスターの発生を公表した北広島町の医療機関でも、新たに60代の職員1人の感染が確認された。

 広島市は、東区と西区の市立小で児童各1人の陽性を確認。両校は4日まで臨時休業する。4月29日に生徒1人の感染が分かった中区の市立中では新たに生徒1人が感染し、1日までとしていた臨時休業の期間を3日まで延長する。

 県内で1日に感染が発表された66人の年代別は20歳未満が22人で、うち3人は県立学校の児童生徒。20代13人▽30代6人▽40代11人―と、40代以下が全体の約8割を占めた。クラスターが確認された私立学校と飲食店の感染者の一部を含む。県内の感染者の発表は4日連続で60人を超えた。 

【関連記事】

広島県内99人感染、1人死亡 30日新型コロナ

変異株拡大「ピークまだ」 中国地方「第4波」、大型連休が鍵

広島知事、休業要請連休明け判断 新型コロナ「第4波」

県またぐ移動控えて 中国5県知事、コロナ感染急増受け声明

広島県、40万人規模のPCR検討 従業員10人以上の企業


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧