地域ニュース

風穴や巨木、魅惑の川西巡り 三次で50人がライド&ウオーク

2021/5/1 21:00
松田さん(左端)から三次人形を見せてもらう参加者

松田さん(左端)から三次人形を見せてもらう参加者

 三次市の川西地区を自転車や徒歩で巡り、住民と触れ合うイベント「川西よりみちライド&ウオーク」が1日、同市三若町の川西郷(さと)の駅を起点にあり、約50人が参加した。呉市豊町の地域おこし協力隊員で、同市のNPO法人瀬戸内サイクルメディア理事長の斉藤孝穂さん(55)の案内で新緑がまぶしい里山を巡り、地域の見どころを訪ねた。
(ここまで 161文字/記事全文 669文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 大ケヤキの前で記念撮影する参加者
  • 新緑がまぶしい里山を駆け抜ける参加者(三次市有原町)
  • 起点の川西郷の駅では呉市の地域おこし協力隊員が特産品の店を出した(三次市三若町)
  • 田園風景の中を駆け抜ける参加者(三次市三若町)
  • 松原八幡神社の大ケヤキに到着した参加者(三次市海渡町)
  • 集団走行で美波羅川沿いをゆっくりと進む(三次市海渡町)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧