地域ニュース

「撮り鉄でここを知らない人いない」道の駅ゆうひパーク三隅(浜田市三隅町)【いわみがたり 鉄道編<2>】

2021/5/1 22:59
道の駅の裏庭で海岸沿いを走る列車を撮影する鉄道ファンたち

道の駅の裏庭で海岸沿いを走る列車を撮影する鉄道ファンたち

 緩やかに弧を描く海岸線に沿ったJR山陰線を、列車が少し傾きながら走る。背景に白波が立つ日本海と水平線の絶景が広がる。架線も電柱もなく、ノスタルジックな雰囲気も漂う。

 浜田市三隅町の国道9号沿いにある道の駅ゆうひパーク三隅の裏庭はもともと、列車などの撮影を趣味とする鉄道ファン「撮り鉄」に人気のスポットとして知られていた。2015年にサントリーの缶コーヒーのCMで使われ、知名度が跳ね上がった。

 北九州市門司区から撮影に訪れた恒川ゑみ子さん(77)は「少し高い場所から撮影できるのもいい。最高のロケーション」と、夢中でシャッターを切った。

 同道の駅は浜田三隅道路の全線開通で国道9号の交通量減少が課題に。今春、リニューアルオープンした。鉄道グッズや鉄道写真の展示コーナーを新設。予定通過時刻をまとめた手作りの時刻表を配布したり、鉄道ファンが訪れた感想などを書き込むメッセージカードを掲示したりもする。

 「撮り鉄でここを知らない人はいません。『鉄道ファンの聖地』を前面に打ち出せば、通過されず立ち寄ってもらえるはず」。自身も撮り鉄の黒川匠駅長(52)は自信をのぞかせる。
(梨本晶夫)

 <メモ>道の駅ゆうひパーク三隅の開館は午前8時半〜午後6時半(10〜4月は午後5時半まで)。特産品販売所では、裏庭で撮影した鉄道写真のポストカードなども置いている。うどん店は午前10時半〜午後3時、テークアウト専用のカフェは午前9時〜午後5時。同道の駅Tel0855(32)2880。

【いわみがたり 鉄道編】
<1>歴史伝承「天空公園」に 旧宇都井駅(島根県邑南町)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧