地域ニュース

通行止め10年、再開見通せず 益田市匹見の国道488号、島根県「費用対効果低い」

2021/5/2 21:17
落石のため通行止めが10年続く国道488号

落石のため通行止めが10年続く国道488号

 益田市と廿日市市を結ぶ国道488号のうち、益田市匹見町内の約7キロの区間が、通行止めになって10年が過ぎた。落石の危険性が高く再開には大規模な対策工事が必要な一方、交通量は少ない。管理する島根県は「費用対効果が低い」として再開のめどを立てられていない。
(ここまで 127文字/記事全文 662文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 県の道路パトロールの際に見つかった、通行止め区間の落石の様子(2015年6月、県益田県土整備事務所提供)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧