地域ニュース

山口県が下関市内のパチンコ店2店舗の店名公表 休業要請応じず(2020年5月9日掲載)

2020/5/9 12:51
山口県庁

山口県庁

 山口県は9日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした休業要請に応じなかったとして、下関市内のパチンコ店2店舗の施設名を県のホームページで公表した。新型コロナ特別措置法に基づく対応で、県内では初。県は遊興・遊技施設など21業種に休業要請を出した4月21日以降、両店に対し職員による訪問要請を続けていたが応じなかったという。 

 関連記事「パチンコ店『休業要請の早期解除を』 広島県に組合、一部で再開も」

 関連記事「山口県知事、パチンコ店に休業要請 広島・福岡からの越境来店相次ぎ」

 関連記事「山口県、休業要請の大半を7日解除 新型コロナ、遊興施設など20種類」

 関連記事「山口県、全飲食業者に一律10万円 新型コロナで経済支援策」

 関連記事「学生に就職情報、求人サイト開設 山口県、説明会中止で急きょ」

 関連記事「山口市が緊急経済対策 家賃は最大30万円補助」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧