地域ニュース

島根県、感染者利用の施設に休業要請 新型コロナ(2020年5月9日掲載)

2020/5/9 16:18
松江市内の施設への休業協力要請を発表した丸山知事

松江市内の施設への休業協力要請を発表した丸山知事

 島根県の丸山達也知事は9日、新型コロナウイルスの感染者が発症日前に長時間利用していた松江市内の1施設に対し、10日から31日まで休業を要請した。県と市が共同設置する松江保健所が、施設の運営者に対して従業員や利用者のPCR検査の協力を求めたが、応じていないため。

 感染者は市内在住の40代男性。4月26日に発熱症状があり、5月2日のPCR検査で陽性だった。市は感染経路が不明と発表した。丸山知事は「施設への調査が進んでいない状況では、従業員や利用者との接触によって感染が拡大する恐れが否定できない」と、休業要請の理由を説明した。

 施設にはこの日午後、休業の協力を要請した。コロナウイルスの特措法24条9項に基づく。施設の業種や規模などについては「特定につながる」として明らかにしなかった。

 男性は県内での感染確認の24人目。県によると、男性は発症した日の2週間前から発症までの4月中、下旬に、この施設を少なくとも5、6時間以上は利用していた。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧