地域ニュース

クマ生息域、中国地方2・7倍 18年度と03年度比較、増加率全国一

2021/5/4 22:59

 人里でのクマの目撃や人への危害が全国で相次ぐ中、生息区域の広がりが最も大きかったエリアは中国地方であることが、環境省の調査で分かった。2003年度と18年度を比較して全国平均で1・38倍広がったのに対し、中国地方は2・7倍。過疎化で放置された柿などを目当てに山を下り、住宅地を含む沿岸部にもすみかを広げていることが裏付けられた。
(ここまで 165文字/記事全文 914文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧