地域ニュース

英国王室、輝くジュエリー展に1万人 尾道市立美術館

2021/5/5 11:56
平谷市長(右端)から記念品を受け取る藤島さん(左から2人目)

平谷市長(右端)から記念品を受け取る藤島さん(左から2人目)

 英国王室にまつわる宝飾品やコレクションを紹介する尾道市西土堂町の市立美術館の特別展「愛のヴィクトリアン ジュエリー展」は、開催最終日の5日、入館者が1万人に達した。同館で記念セレモニーがあった。

 1万人目は福山市大谷台の花店経営藤島節子さん(72)で、職場の仲間と来館。平谷祐宏市長たちから、特別展の図録やメモ帳などの記念品を受け取った。藤島さんは「1万人目になってうれしい。美しい展示を鑑賞し、新型コロナウイルス禍の心の癒やしにしたい」と喜んだ。

 特別展は同館と中国新聞備後本社の主催。英国が繁栄したビクトリア女王(1819〜1901年)時代を中心に、金や真珠、ダイヤモンドなどの素材を使った宝飾品など約330点を展示している。(神下慶吾)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧