地域ニュース

広島市が安佐動物公園など210施設で18日から休業解除 新型コロナ対応(2020年5月13日掲載)

2020/5/13 23:15
広島市が18日に再開する安佐動物公園(安佐北区)

広島市が18日に再開する安佐動物公園(安佐北区)

 広島市は13日、新型コロナウイルスの影響で臨時休業が続いている市管理の安佐動物公園(安佐北区)や植物公園(佐伯区)など210施設について、18日から全部または一部で臨時休業を解除すると発表した。広島県による休業要請が解除されたため。

 市によると、休業の全面解除は170施設、一部解除は40施設。安佐動物公園は18日から「は虫類館」を除いて開く。植物公園や花みどり公園(安佐北区)は同日から全面オープンする。現代美術館(中区)の展示場、ヌマジ交通ミュージアム(安佐南区)の屋外広場なども19日から利用できる。市は近く休業解除の状況をホームページに掲載する。 

関連記事「広島県が休業一部解除 映画館や美術館再開 新型コロナ」

関連記事「広島知事、解除の前倒しも検討 緊急宣言対象外の場合 新型コロナ」

関連記事「三次市の美術館・図書館、条件付きで再開 20日から」

関連記事「福山市、図書館の利用制限一部緩和へ」

関連記事「三原市、公共施設の利用制限解除へ 11日から3段階」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧