地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ、攻守ちぐはぐで8連敗 朝山の奮闘及ばず

2021/5/5 23:24
【広島―大阪】第2クオーター、岡本がシュートを決め21―29とする(撮影・天畠智則)

【広島―大阪】第2クオーター、岡本がシュートを決め21―29とする(撮影・天畠智則)

 ▽Bリーグ1部(広島サンプラザホール、1247人)

大 阪 102 23―16 77 広 島
33勝19敗   30―21  7勝46敗
        25―12
        24―28      

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は5日、広島サンプラザなどで5試合があった。西地区10位の広島は同2位の大阪に77―102で敗れ、8連敗。7勝46敗となった。

 <写真集>ドラフラ8連敗

 広島は攻守に連動したプレーが少なかった。序盤からレイアップシュートなどで簡単に失点を重ね、前半を37―53で折り返した。後半も立て直すことができず、最大31点差をつけられた。大阪は11人が得点を挙げたのに対し、広島は6人。朝山が22得点と奮闘したが、及ばなかった。(矢野匡洋)

 岡本が意地を見せた。2月6日の島根戦以来となる2桁得点。ここ2試合はベンチを外れていた28歳が、大敗の中で積極的にプレーした。

 ドリブル突破でゴールへ迫った。敵陣に切り込み、ファウルをもらってフリースローを確実に決めた。第1クオーター終了間際には3点シュートも成功。「攻撃はテンポ良く、ゴール下にアタックすることを意識した。気持ちの部分でも積極的にやれた」とうなずいた。

 シーズン終盤にベンチを外されても、気持ちを切らさなかった。「コートの外から試合を見て、何が足りないかを考えた。それを試合で出せた」。下を向かず、今季残り2試合を戦うつもりだ。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧

  • 【陸上】山本(宮島工)が女子200V 中国高校選手権 (6/20)

     中国高校選手権は20日、陸上やホッケーなどがあった。陸上の女子200メートルは山本千菜(宮島工)が24秒41で制した。1600メートルリレーは男子は西条農が31年ぶり、女子は皆実が20年ぶりに制覇。...

  • 【陸上】<写真集>中国高校選手権 (6/20)

     中国高校選手権は20日、陸上やホッケーなどがあった。陸上の女子200メートルは山本千菜(宮島工)が24秒41で制した。1600メートルリレーは男子は西条農が31年ぶり、女子は皆実が20年ぶりに制覇。...

  • 【Jリーグ】J2山口ドロー 岡山は快勝 (6/20)

     明治安田J2第19節第1日(19日・JIT リサイクルインク スタジアムほか=6試合)

  • 【ラグビー】男女各12人の7人制五輪代表決定 (6/20)

     日本ラグビー協会は19日、東京五輪に臨む7人制日本代表の男女各12人を発表し、男子は松井(キヤノン)、女子は清水(日体大)とバティヴァカロロ(アルカス熊谷)らが選ばれた。3人とも主将を務める。

  • 【陸上】原田(皆実)が男子400障害V 中国高校選手権 (6/19)

     中国高校選手権は19日、山口市の維新みらいふスタジアムなどで陸上などがあった。陸上の男子400メートル障害は原田響(皆実)が高橋昂生(県立広島)との広島勢対決を制し、52秒60で初優勝を飾った。同5...