地域ニュース

ワクチン廃棄どう防ぐ 広島県内市町、取り組み事例共有

2021/5/6 23:00

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種が本格化するのを前に、広島県は6日、ワクチンの廃棄を防ぐために県内の市町が取り組んでいる事例を発表した。当日キャンセルなどで廃棄する事例が全国的に課題となる中、県内の全23市町と共有し、効率的な接種の参考にしてもらう。
(ここまで 131文字/記事全文 519文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧