トピックス

要介護80歳妻殺害の疑い 広島の72歳、無理心中を意図か

2021/5/8 23:16

規制線が張られた男の自宅=8日、広島市安佐北区(画像の一部を修整しています)

 要介護の妻の首を絞めて殺害したとして安佐北署は8日、広島市安佐北区の無職の男を殺人の疑いで逮捕した。男は自ら手首を切っており、広島県警は「老老介護」を苦にして無理心中を図った可能性があるとみて調べている。

【関連記事】「老老介護」絶えぬ悲劇 病で先行き悲観か

 逮捕容疑は、4月30日午前8時ごろから午後1時40分ごろまでの間、自宅で妻(80)の首を絞めて殺害した疑い。

 同署によると、男は「間違いありません」と容疑を認めているという。司法解剖の結果、妻の死因は窒息死だった。

 県警や捜査関係者によると、男は妻と2人暮らし。関係者が同日午後、男の自宅を安否確認で訪ねた際、応答がなかったため110番した。警察官が駆け付けると、室内で妻が横たわっており、その後に死亡が確認された。

 男は、けがの治療のため入院した。同署は退院を待って逮捕した。

 複数の付近住民によると、妻は数年前から自力で歩けなかった。男が介護し、自身も病気を患っていると話していたという。


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧