地域ニュース

鐘の中にスズメの巣「撤去せず見守る」 広島市「原爆の子の像」

2021/5/11 17:48
原爆の子の像の鐘の中に作った巣に出入りするスズメ(11日)

原爆の子の像の鐘の中に作った巣に出入りするスズメ(11日)

 広島市中区の平和記念公園にある「原爆の子の像」の鐘にスズメが作った巣について、市は6月ごろまで撤去せず、ひなが巣立つのを待つと決めた。11日、鐘を鳴らすための鎖を当面の間は取り付けないと決め、音が出ないようにして子育てを見守る。

 【動画】チュンチュン、鐘の中にスズメの巣

 巣は、直径約30センチ、高さ約60センチの鐘の中に、枝や草などで作られている。成鳥が出入りしており、卵やひなは確認されていない。日本野鳥の会広島県支部(西区)によると、スズメは6月ごろに巣立つという。

 平和記念公園は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で原爆資料館が6月1日まで臨時休館するなど、来園者が減っている。市緑政課は「鎖は毎朝取り付けていたが、巣を守ることを優先した。公園の利用者に迷惑や危険を及ぼす恐れが高まらない限り、温かく見守りたい」としている。

 巣は、資料館のヒロシマピースボランティアの反田豊昭さん(71)=南区=が、鐘の音が普段と違うと気付いて見つけた。反田さんは「命の大切さを教える場で、巣立ちを見守る判断になって良かった」と喜んだ。(小林可奈) 

【関連記事】

【動画】足が曲がったまま生まれたキリン「はぐみ」1歳になった

【動画】珍鳥ブロンズトキ 広島県内で初確認


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 三次の風景画や南一誠さん作品 君田で絵画展

     三次市観光協会の副会長を務める大前治夫さん(65)=布野町下布野=の絵画約40点を集めた絵画展が、同市君田町泉吉田のはらみちを美術館で開かれている。広島市を拠点に活動する歌手南一誠さん(68)の書と...

  • 東広島で感染急拡大 目立つ若者、呉も増加

     東広島市での新型コロナウイルス感染が、今月に入って急拡大している。9日時点で57人の感染が判明し、4月1カ月間の28人の倍以上に。指標となる直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は25・40人とな...

  • 阿多田島で癒やし登山を 島の若者ら荒廃した山道復活

     大竹市の離島、阿多田島の山歩きを楽しんでもらおうと、地元の30〜40代の有志4人が、ほとんど使われず寂れていた高山(204メートル)の登山道を復活させた。約2カ月かけて草木を刈り、山頂に木の椅子を据...

  • 杜氏の石川さん、現在の活動報告 東広島市長を訪問

     2020年度に杜氏(とうじ)として初めて文化庁長官表彰を受けた、広島杜氏組合の石川達也組合長(57)=東広島市=が10日、市役所に高垣広徳市長を訪ね、現在の活動などを報告した。

  • 旧尾関山駅、花で染まれ 三次中生、ホームで種まき

     三次市三次町の三次中の生徒が、近くの旧JR三江線尾関山駅のホームにヒマワリとコスモスの種をまいた。同校の全校生徒が参加するボランティア活動の一環。