• トップ >
  • トピックス >
  • 【詳報】島根県9人感染、浜田で県外在住者確認など 12日新型コロナ

トピックス

【詳報】島根県9人感染、浜田で県外在住者確認など 12日新型コロナ

2021/5/12 18:32

島根県庁

 島根県と松江市は12日、新たに9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は、出雲市在住が3人、松江市と益田市在住が各2人、雲南市在住の1人、浜田市で確認された県外在住者1人という。5月の感染発表は計47人となった。

 県感染症対策室によると、出雲市在住の2人は11日に県が発表した出雲市立中の関係者の接触者という。軽症と無症状。もう1人の出雲市在住者は、4月27日以降、感染拡大地域を訪れており、感染者との接触もあったという。11日に発熱などの症状があり検査の結果、陽性が確認された。軽症。

 益田市在住の2人のうち1人は、5日に発熱などの症状が出た後も、勤務先に出勤していた。4月21日以降、県外への移動歴はなかった。もう1人はこの感染者との接触が確認されている。県外への移動歴はないという。いずれも軽症。

 雲南市在住者は、県が4月28日に感染を発表した同市在住者の濃厚接触者。1度目の検査は陰性だったが、5月9日に発熱や味覚、嗅覚異常が出たため、再検査をし感染が分かった。軽症。

 浜田市で確認された県外在住者は、感染拡大地域から6日に同市を訪れていた。同日に発熱などの症状が出たが、その後も同市を中心に県外にも移動していたという。県は、接触者は把握できているとしており、県内の医療機関に入院したという。軽症。

 松江市によると、市内在住の2人はいずれも、市が11日に感染を発表した市内在住者と同じ勤務先の濃厚接触者という。1人はせきや喉の痛みがある軽症で、もう一方は、無症状。

 12日にあった記者会見で丸山達也知事は、県内の感染状況の増加について「第4波の影響や、ゴールデンウイーク前後で人の動きもあった。どうしても増えるタイミング」と状況を説明。「感染が広がらないよう、一人一人の感染者の周囲を丹念に調査し、検査を徹底する」とした。

 12日午後4時現在で、37人が医療機関に入院しており、1人が重症となっている。(高橋良輔)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧