地域ニュース

少年時代の宝物は縄文土器だった 山口県周防大島町の山根さんが近所で52個発見

2021/5/12 13:58
縄文土器と分かった52個の土器片を調べる尾野会長

縄文土器と分かった52個の土器片を調べる尾野会長

 山口県周防大島町日見の山根正志さん(59)が、小中学生時代に同町久賀中瀬田で見つけた52個の土器片が、縄文時代のものであることが分かった。場所は1963年に縄文土器の破片6個が発見された中津原遺跡(久賀)の近く。町の文化財関係者は「大量の貴重な資料に驚いた」と喜んでいる。
(ここまで 137文字/記事全文 607文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 山根正志さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧