地域ニュース

証言・伝承、研修1年短縮 広島市21年度から、被爆者の負担軽減図る

2021/5/12 22:54
被爆体験伝承者の研修を受ける受講者(2020年10月1日、広島市中区)

被爆体験伝承者の研修を受ける受講者(2020年10月1日、広島市中区)

 広島市は本年度から、被爆者が自らの体験を語る「被爆体験証言者」と、証言者の記憶と平和への思いを語り継ぐ「被爆体験伝承者」の研修期間をそれぞれ1年間短縮し、1年と2年とする。高齢化する被爆者の負担を減らして証言を始めやすくするとともに、伝承者を育てて記憶の継承につなげる。
(ここまで 136文字/記事全文 931文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧