トピックス

「まん延防止」広島・岡山県などに適用へ 16日から

2021/5/13 21:08

首相官邸

 政府は13日、新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置の適用対象に群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を追加する方針を固めた。5県への適用期間は16日から6月13日までとする見通し。北海道が求めていた札幌市への緊急事態宣言は見送り、重点措置の適用地域を追加する方向で調整を続ける。複数の政府関係者が明らかにした。→【関連】県「まん延防止」見据え572億円補正案

 菅義偉首相は西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と官邸で協議した。その後、記者団に「複数の県からまん延防止等重点措置について要請が来ている。明日、専門家の意見を伺う」と表明。北海道に関し「札幌を中心に厳しい状況にある。現在のまん延防止等重点措置が有効なのか、そうでないなら、どのような対策が必要なのかを判断して対応する」と述べた。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

岡山県、まん延防止申請していた

広島県213人感染、2日連続200人超す 児童3人新たに確認 13日

岡山県で171人感染 3人死亡 笠岡の福祉施設でクラスター、13日


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧