トピックス

鳥取商高バレー部でクラスター 13日新型コロナ、県内感染16人

2021/5/13 21:02

鳥取県と鳥取市が合同で開いた対策本部会議で、クラスターについて説明する平井伸治知事(右)と深沢義彦市長

 鳥取県と鳥取市は13日夜、鳥取商高(同市)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。バレーボール部員9人の感染を確認した。県と市が同日に発表した感染者は16人となった。

 県と市によると、クラスターは12日に1人、13日に8人の感染が判明した。残る部員24人は検査で陰性だった。県教委によると、休憩中のマスク着用や用具の消毒が不十分だったとみられるという。

 県教委は同校を26日まで休校とし、今月末に予定されている県高校総体バレーボールの延期を検討するよう、県高体連に要請した。また県立高校の部活動を一時停止し、感染防止ガイドラインが守られているかどうか点検する方針。

 県と市が同日に感染を発表した16人のうち15人は、県東部を管轄する市の確認で、うち同部員が8人、関連のある感染者が6人という。県が確認した1人は、県西部在住の50代会社員男性という。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧