地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ主力3人が残留で合意 エチェニケ、ケネディ、マーフィー

2021/5/13 22:55

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)広島は13日、グレゴリー・エチェニケ(30)、トーマス・ケネディ(33)、マーフィー・アイザイア(23)の3選手と来季の契約に合意したと発表した。

 エチェニケは全55試合で先発した大黒柱。1試合平均32分28秒、17・1得点。リーグ3位の9・8リバウンドを記録した。「オフもハードに練習し、今シーズン以上に強くなってチームに貢献したい」と話した。

 日本代表候補のマーフィーは、ルーキーながら全55試合に出場し、44試合で先発した。1試合平均24分1秒、9・5得点。「チーム、スタッフ、ファン、この街が大好き。来季の開幕を楽しみにしている」とコメントした。

 今季途中に日本国籍を取得したケネディは、52試合に出場し、1試合平均27分27秒プレー。同16・3得点と得点源だった。(矢野匡洋) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧