地域ニュース

心待ちの灯、希望託す 島根県内で聖火リレースタート

2021/5/15 23:01
県内の第1走者としてトーチを掲げて出発した三輪さん(津和野町)

県内の第1走者としてトーチを掲げて出発した三輪さん(津和野町)

 島根県内で15日に始まった東京五輪聖火リレーは、ランナーにとって昨年の五輪延期と今年2月の丸山達也知事による中止検討表明を経て「三度目の正直」の舞台となった。「新型コロナウイルスの収束を」「被災した地元に元気を届ける」。それぞれの思いを胸に駆け抜けた。
(ここまで 127文字/記事全文 1531文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 聖火をつなぎ終え、次の走者に火を移す服部さん(左)=江津市
  • 聖火の到着を前に、ステージで神楽を披露する日貫才神会(邑南町)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧