• トップ >
  • トピックス >
  • 広島三越やイオンモール、大型商業施設が土日休業など発表 広島緊急事態宣言

トピックス

広島三越やイオンモール、大型商業施設が土日休業など発表 広島緊急事態宣言

2021/5/16 21:54

イオンモール広島府中

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言期間に入った16日、広島県内の大型商業施設は対応が間に合わず営業を続けた一方、今後については県が要請している時短営業や週末の休業をすると相次いで発表した。

 【一覧表】ゆめタウンやフジなど今後の対応は

 百貨店の広島三越(広島市中区)は、22日以降の土日曜は食品や化粧品などの売り場を除いて休業。平日の営業も、19日以降は午後7時までに30分短縮する。地階に7日オープンしたスーパー紀ノ国屋は混雑回避のため17日から休む。天満屋緑井店(安佐南区)と福山店(福山市)も、土日曜は食品売り場などの営業に限ると明らかにした。

 そごう広島店(中区)は16日から全館営業を午後7時半までに統一。地場流通大手イズミ(東区)も県内のゆめタウンなど17店で食品とドラッグ用品以外の営業を午後8時までとした。両社とも、土日曜については「未定」としている。

 イオンモール広島府中(広島県府中町)とイオンモール広島祇園(安佐南区)、ジ・アウトレット広島(佐伯区)、広島段原ショッピングセンター(南区)は、次の土日曜から専門店と飲食店を休館し、平日の営業も午後8時までに短縮。食料品など直営売り場は通常営業を続ける。(筒井晴信) 

【関連】福屋も土日に臨時休業へ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧