地域ニュース

福山ゆかりの天文家顕彰 彗星など発見/探査機の軌道計画に参画

2021/5/16 13:58
黄道光が写るパネルを掲げ、活動をPRする神谷さん(右)と児玉さん

黄道光が写るパネルを掲げ、活動をPRする神谷さん(右)と児玉さん

 福山市ゆかりの天文家を顕彰するグループ「黄道光(こうどうこう)の会」が設立された。多数の彗星(すいせい)や新星を発見したアマチュア天文家の本田実さん(1913〜90年)や探査機の軌道計画に携わった故木村雅文さんたちの功績を広め、市が構想する「子ども未来館」(仮称)での展示も働き掛ける。
(ここまで 144文字/記事全文 662文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 本田実さん(倉敷天文台提供)
  • 木村雅文さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧