地域ニュース

【陸上】北村夢、五輪の夢へ順調なステップ 中国実業団女子800で2位

2021/5/16 15:53
女子800メートルで2分4秒91をマークして2位になった北村

女子800メートルで2分4秒91をマークして2位になった北村

 陸上の中国実業団選手権最終日は16日、三次市のみよし運動公園陸上競技場で開催された。女子800メートルはテレシア・ムッソーニ(ダイソー)が大会新の2分2秒92で優勝し、2位に北村夢(エディオン)が2分4秒91で続いた。

 女子800メートルで東京五輪代表を狙う北村が、復活へ順調なステップを刻んだ。ケニア人のムッソーニが400メートルを58秒のハイペースで入り、「予想外だったけど、ついていくしかない」と背後を追走。残り200メートルで息切れし、「しんどかった」と苦笑いした。

 2017年に日本歴代2位の2分0秒92を記録し、同年と18年の日本選手権を連覇した。以後は故障で低迷したが、今年5月3日の静岡国際で2分3秒05で優勝。初出場した中国実業団選手権は雨とハイペースに苦しみながら、今季2番目の好タイムをマークした。

 東京五輪の参加標準記録は1分59秒50。「日本記録(2分0秒45)は切らないといけないが、あまりそこにとらわれすぎてもいけない」ときっぱり。自然体で勝負の6月を迎える。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧