地域ニュース

広島市内に人の流れ戻る 外出自粛全面解除から初の週末(2020年5月23日掲載)

2020/5/23 21:01
本通り商店街(23日午後0時51分、広島市中区)

本通り商店街(23日午後0時51分、広島市中区)

 新型コロナウイルス対策で広島県が求めていた外出自粛と事業者への休業要請が全て解除されて初の週末となった23日、広島市内の繁華街や商業施設に人の流れが戻ってきた。マスクを着けるなどして感染に気を付けながら、買い物や外食を楽しんでいた。

 【図解】不織布マスクの「上と下」「裏と表」の見分け方

 中区の本通り商店街は、家族連れの姿が目立った。和装履物店の従業員小田千秋さん(70)は、店先から通りを見つめ「自粛期間に比べると何倍もの人出。活気が戻ってきた」と喜んだ。一方、福屋八丁堀本店に化粧品を買いに来た安佐南区のケアマネジャー女性(36)は「感染の不安が消えた訳ではない。必要なものを買ったら早めに帰る」と話していた。

 県は22日、外出自粛を43日ぶり、休業要請を31日ぶりに全面解除とした一方、県境をまたいだ移動の自粛の呼び掛けは継続している。 

 関連記事「尾道の人気飲食店、『密』対策に腐心」

 関連記事「鉄板越し会話遠のく お好み焼き『新しい生活様式』」



この記事の写真

  • 東京発ののぞみから広島駅の新幹線ホームに降りる乗客(23日午後3時3分、広島市南区)
  • 買い物客でにぎわうそごう広島店(23日午後0時2分、広島市中区)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧