• トップ >
  • トピックス >
  • 【詳報】島根県9人感染、松江・益田のクラスター広がる 16日新型コロナ

トピックス

【詳報】島根県9人感染、松江・益田のクラスター広がる 16日新型コロナ

2021/5/16 17:51

島根県庁

 島根県と松江市は16日、9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市が3人、益田市が4人、津和野町が2人。津和野町での感染確認は初めて。9人のうち7人は松江市の飲食店と益田市のカラオケ喫茶のクラスター(感染者集団)関連とみられる。

 【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 松江市によると、同市の3人はいずれも、市内の飲食店で発生したクラスターから広がった関連の感染者とみられる。それぞれ12、14、15日に発熱やせき、頭痛などの症状がみられた。いずれも接触者の把握はできている。

 同店のクラスターは従業員、利用者の計7人で、接触者など関連も含め計14人となった。4次感染とみられる事例も確認されたが、現時点で市中感染が広がっているとはいえないとしている。

 県によると、益田市の4人のうち2人は、クラスターが発生した同市のカラオケ喫茶「さくら歌(か)」の利用者。津和野町の2人は同店の利用者の接触者で、関連の感染者は計18人となった。

 益田市の残る2人のうち1人は、県内の陽性者と接触があったが、調査から漏れていた。9日以降、発熱などの症状がみられたが、14日に受診するまで検査していなかった。

 もう1人は6日以降、発熱やせきなどを発症。かかりつけ医を2度受診したが風邪と診断され、15日まで検査を受けていなかった。発症の2週間前以降、県外の感染拡大地域への移動歴があった。

 この2人はいずれも発症後に仕事に出ていたが、接触者は把握できているという。県は、症状があれば早めに受診、検査するよう医療機関も含めて呼び掛けている。 

【関連記事】

島根県益田のカラオケ喫茶でクラスター


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧