地域ニュース

猪口真澄ら4世代の画業、北広島町で紹介 日本・洋・墨彩画65点

2021/5/17 16:00
猪口の掛け軸作品を見る、福長弘志さん(左)、千紘さん(中)、眞子さん

猪口の掛け軸作品を見る、福長弘志さん(左)、千紘さん(中)、眞子さん

 広島県北広島町ゆかりの日本画家の故猪口(いのくち)真澄(1897〜1942年)とその子、孫、ひ孫の4世代の日本画や洋画、墨彩画計65点を集めた作品展が、北広島町有田の商業施設サンクス内のギャラリー森(しん)で開かれている。23日まで。無料。
(ここまで 121文字/記事全文 428文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧