トピックス

【詳報】島根県4人感染、松江市立小関係者ら 17日新型コロナ

2021/5/17 17:22

松江市役所であった記者会見

 島根県と松江市は17日、4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市が2人、益田市と浜田市が各1人。松江市内の飲食店のクラスター(感染者集団)関連の感染者は計16人、益田市のカラオケ喫茶「さくら歌(か)のクラスター関連は計19人と、さらに広がった。松江市の感染者のうち1人は、市立小学校の学校関係者だった。

 【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 松江市によると、同市の2人は市内の飲食店で発生したクラスターの関連。それぞれ、これまでに発表した感染者の濃厚接触者だった。学校関係者の1人は、16日に発表があった感染者の同居人。現在、発熱や下痢の症状があり、軽症という。同校は17〜21日までをいったん休校とし、感染状況を見て最終的な休校期間を決めるとしている。

 もう1人は無症状で、接触者は特定できているという。

 同市での市立学校の感染確認は初めて。市小学校体育連盟は市立小学校での感染確認を受け、18日に松江総合運動公園(上乃木)で開催予定だった市小学校連合体育大会を中止とした。無観客で、市内の小学6年約1800人が参加予定だった。

 また、益田市の1人は、クラスターが発生したカラオケ喫茶「さくら歌(か)」を利用した県外在住の感染者の接触者。症状はないという。

 浜田市の1人は13日に発熱などがあり、軽症。不特定多数との接触はなく、接触者は特定できているという。

 松江市などは大型連休以降、家庭内での感染の広がりが見られるとして、体調不良者がいる場合は部屋を分けるなどの感染予防策を取るよう呼び掛けている。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧