地域ニュース

線路の保守作業を昼間に集中実施 JR西「安全性と効率高まる」

2021/5/17 21:41
軌陸車に乗って電気系統の点検などをする作業員(光市の山陽線)

軌陸車に乗って電気系統の点検などをする作業員(光市の山陽線)

 JR西日本は山口県内で、線路の保守作業を昼間に列車を止めて集中的に進める方針を強めている。通常は列車が運行を終えた夜間に取り組むが、作業する技術者が減っていることに対応する。昼の作業にすることで、工事の安全性や効率も高まるという。
(ここまで 116文字/記事全文 482文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧