地域ニュース

桜守 後世に残す活動本格化【守るつなぐ 岩国城下町 第2部 錦帯橋<4>】

2021/5/19 21:17
国内最古級のソメイヨシノを調べる児玉会長(左から2人目)とメンバー(撮影・川村奈菜)

国内最古級のソメイヨシノを調べる児玉会長(左から2人目)とメンバー(撮影・川村奈菜)

 「葉が多くなってきた。花芽の状況はどうかね」。岩国市のボランティアグループ「錦帯橋さくら守(もり)の会」のメンバー15人が4月中旬、吉香神社境内のソメイヨシノを囲んだ。明治期に植えられ、国内最古級とされる。樹勢や樹形など6項目について話し合い、5段階で採点。木の高さや幹の太さも記録した。
(ここまで 145文字/記事全文 1072文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 錦帯橋一帯で咲き誇る桜の木々=4月1日(撮影・川村奈菜)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧