地域ニュース

水害、自主防災に力 江津・嘉久志住民、分散避難準備や倉庫整備

2021/5/21 9:57
防災機材倉庫を点検する小林さん(左)たち

防災機材倉庫を点検する小林さん(左)たち

 2018年と20年に水害が相次いだ江津市で、市中心部の嘉久志町の住民が自主防災力を高めようと、新型コロナウイルスを踏まえた分散避難の準備をし、機材の倉庫を整備した。ことしは早くも梅雨入り。中心になって動く消防OBの小林慎宣さん(71)は「常識が通用しない気象。どこに住んでいても災害と無関係ではない」と強調する。
(ここまで 157文字/記事全文 799文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧