• トップ >
  • トピックス >
  • 【詳報】広島県で217人感染、広島市は過去最多更新 21日の新型コロナ

トピックス

【詳報】広島県で217人感染、広島市は過去最多更新 21日の新型コロナ

2021/5/21 22:19

広島県庁

 広島県内で21日、新たに217人の新型コロナウイルス感染が発表された。200人を超すのは3日連続。広島市は167人で、20日の161人を上回って過去最多となった。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 県内全23市町のうち10市2町で確認された。内訳は、広島市167人▽福山市13人▽東広島市、廿日市市各8人▽府中町6人▽尾道市4人▽庄原市、大竹市各3人▽呉市2人▽竹原市、三原市、熊野町各1人―だった。

 広島市の感染者が150人以上となるのは9日連続。うち1人は、県立広島病院(広島市南区)の30代職員。出入りした場所を消毒し、通常通り診療している。同病院では19日に患者6人、職員1人計7人の感染が判明しているが、勤務状況などから関連はないという。接触した可能性のある職員や患者のPCR検査を進めている。

 学校関係者は9人。10歳未満は5人で、安佐南区の市立小児童2人、安佐北区と南区の2校の市立小の児童各1人。10代は2人で、佐伯区と西区の市立中の生徒各1人。南区と西区の市立小の給食調理員各1人の感染も分かった。

 また、東広島市の1人は県立障害者支援施設「松陽寮」(東広島市)の40代職員。消毒して施設の運営を続けている。入所者32人、職員20人に抗原検査を実施し、入所者は全員が陰性だった。職員は結果を待っているという。

 福山市の13人は10〜80代。12人が軽症で、1人が無症状。このうち30代の会社員男性1人が岡山県を訪れていた。呉市の2人は共に20代で、いずれも軽症という。このほか、広島市分を除く7市2町の35人分は県が発表。10歳未満〜90歳以上で、軽症が31人、無症状が4人だった。うち14人の感染経路が分かっていない。広島市の症状別の内訳は不明。

【関連記事】

急患応じられぬ病院続々 広島市「医療崩壊」と悲鳴

広島県内で213人 月別で初めて3千人超、1人死亡 20日新型コロナ

広島市でインド株確認、中国地方での公表は初 20日の新型コロナ

広島県で222人感染、過去2番目の多さ 19日の新型コロナ 県立広島病院などで新たなクラスター


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧